匿名F氏の野望ブログ

Fによるブログ。

このブログは成人向けです。
18歳未満の閲覧を固く禁止します。
ここには とても こわいことが かいてあるので こどもが みては いけません。

順調なのか駄目なのか。

 何度かブログに書いた(公開状態になっていないかもしれないけれど)四年使ったASUSのノートパソコンが僕の時間を食い潰すのがいよいよ我慢できなくなったので、ノートパソコンを新調した。

 以前書いた(これは見れると思う)品定めの末に結局は富士通の世界最軽量なるものを購入する。

 医者から重いものを持つなといわれていることが頭に引っかかって、身体が一番大切という最高マイルールが発動した結果である。

 なんでも筐体が新素材とか液晶のガラスを薄くしたとか、いろいろあって百均で買ってきた木製のB4サイズのクリップボード(リアルの方のね)と一緒に鞄に入れることにしたのでトータル重量を考えれば意味のない商品選定だったかもしれない。

 それはそうと、NetBeansからScreenBuilderを立ち上げようとしたらパスが見つからないとかエラーになって、どうやらユーザー名をうっかり漢字でつけたのが悪かったらしい。

 ユーザー以下のフォルダ名が漢字になっていると、元々文字化けの権化とも言えるScreenBuilderからは見れなくなってしまうらしい。

 フォルダー名を変更する方法はあるらしいが、後々まで爆弾を抱えるのもいやなので初起動から二日目にして早くも初期化である。

 あと作画マシンには可能な限りクリスタ以外のソフトは入れたくないので、開発マシンのSAKURAのVPS上ではMariaDBを入れて件の作品管理ソフトを作っていたが、もう遠隔コーディングも色々限界なので世界最軽量でつくるにあたり、これをJavaDBで賄おうとしたが別にダウンロードしなければならないとかで、結局作画マシンにも別で入れないといけなくなってしまった。

 まあ、全く別のソフトを入れる事にくらべれば遙かにリスクは少ないが、手動作業になるのが不安である。

 あとクリスタを入れるときにインストール許可台数が足りなくなって全解除したので、作画マシンで再びクリスタが起動するか不安である。

 最後にJDKは8(だけ)を入れるにあたり、初期化前は普通に入れれたのにもう一度やろうとするとインストーラーが途中で終了してどうしても入らない現象に悩まされた。 

 Chromeのインストールか買ったときのおまけのATOKかどちらか、あるいは両方が阻害していたのか、それらを殺してやり直したらなんとか入った。

 色々苦しめられたが不作動の原因がわかり(といってもGoogle先生だが)解決できたことは僥倖として喜ぶべきなのだろう。

朝三暮四なるか散々墓誌なるか。

 作画機に開発環境を入れたくないのと、今使っている四万くらいで買ったノートパソコンの動きが時々物凄く遅くなってきたので買い替えようと考えている。

 また四万くらいのにしようと思っていたのだが、Windowsのアップデートごとに例のごとくゴミ化していくのは辛いので、やはりそれなりのものを買うことにした。

 それなりのものとなると、終わりの見えている開発作業(今作っている原稿管理システムを完成させたらプログラムというものとはたぶんもう縁を切るつもり)だけではもったいないので、万が一液タブか作画機かどちらかが故障した時に代替できることを目指して、MSにしては評判の良いデジタルペンが使えるサーフェスにしようと考えていたが法人モデル以外はWindows10HomeしかないのとOfficeが抱き合わせになっているのでやめた。

 Proへのアップグレードとか購入後に可能なのかもしれないが、Officeはどう考えてもいらないので、その分割高になっている商品を買う気になれない。

 一説によればこの販売形態は日本だけらしいが、そうだとすれば舐められたものだと思う。

 この話は続くのですが、また今度。

小人閑居して不善を為し、社会人出社して不在票を受く。

 某大手ネットスーパーから身に覚えのない代引き商品の配達があり、たまたま出社中だったので輸送業者から持ち帰りと再配達伺いのメールが携帯に入った。

 あまり詳しくは書けないが、不在が幸いし返品することができた。

 その大手ネットスーパーのカスタマーセンターの係員によれば愉快犯の可能性が高いとの事だったが、検索してみると誤って代金を払って受領してしまう可能性に期待する金銭目的の詐欺らしかった。

 で、輸送業者の十秒何円かを取られる案内先にダイヤルして受け取り拒否に漕ぎつけたのだが、販売店は言うに及ばずだがネットスーパーもそれでいくばくかの利益を上げている訳で、これは合法的な共犯とでも言えるのではないだろうか。

 全部オンラインで受発注を行っている訳で、受取人以外が受取人払いで発注して発送後の返品率が異常に高い商品の販売店など簡単にスクリーニングできそうなものだが、ネットスーパー側にしてみれば、あくまでも不道徳な人間の突発的ないたずらにしておきたいのだろう。

 輸送業者はある意味被害者ですらあり、そのことは分かっていたがそれでもくやしいので、十秒何円かの案内料をこういう場合にも払わなければならないのか聞いてみたがやはり払わないとだめだとのことだった。

 

麒麟天翔け瑞兆あまねく地より望めど、わが身に及ばざればラガー一瓶の方が勝れり。

実家で韓流ドラマばかり見せられているので、逆トラウマとでも言うべきか街で韓国語で携帯通話している人とすれ違っても全く違和感を感じない。

寧ろかの地のセットの中に迷い込んだみたいで、ちょっとおもしろい感覚がある。

 

さて、先週、組合員の一部から退職金の算定方法や満期支給額について、僕の近くに座っている幹部に問い合わせの電話があった。

すわ、早期退職の募集を会社に交渉する運びになるかとワクワクするが、数日たった今にして思うと単に退職間近な人が尋ねたにすぎないのだろう。

 

今日はカウンセリングの一回目に行き、カウンセリング事務所が変わるたびに話した過去の生い立ちをまた今回も繰り返す。

これまで自分は自分の不幸をトラウマ説に基づいて改善を試みてきたし、カウンセリングというものはそもそも過去の出来事から未来のより良い自分を構成するための手段なろだろうから、僕のやっている事もそれはそれで正しかったのだが、この二十年そうした事を繰り返しても全く効果がでず、その後に思うところあって先天的な問題であろうと抜本的に考え方を改めるに至りったのだが、それでも二回目のカウンセリングも家族構成や過去の出来事について引き続き述べようと思っている。

一応先天的な問題についても今回お話しているし、伺われる内容について率直に答えていきたい所存だ。

あと引っ越し先も家族関係の問題があるので、これについても聞いてみよう。

室内の電波時計は基準局の電波を突如拾い、我が精神は漫然と落魄す。

 朝、起きると電波時計の自己診断表示が正しさを主張していた。

 僕の住んでいるマンションは鉄筋でラジオすらまともに聞けないほど電波状況が悪く、電波時計を合わせるには出勤前にエントランスのポストに突っ込んで帰りに回収する作業が必須だったのだが、今朝は枕元で最高電波強度により校正済みとなっていた。

 冬になるとたしか電離層が下がって電波状況が変わるとかいうのを聞いたことがあるが、その影響なのか。はたまた天変地異の前触れなのか。

 不気味である。

 

 さて、前回だったかに書いたやることリストの内、メンタル相談の申し込みを一応行う。

 一応というのはメンタル相談機関の新規面談申し込みのページからこちらのメールアドレスや相談内容を送信したのだが、普通なら受け付けましたメッセージが何らかの形で提供されると思うのだが、それが無いので送信できたかどうかの確証が持てないからである。

 ちょっとした事情があり今は列車に乗っていて、その列車の切れ切れのWifi環境からの送信なので尚の事心配である。

 いつも思うのだがホームページからのメール送信や、何らかの申し込みで画面遷移を伴う場合は、ボタン押下後にどのようなことが起これば正常受理なのか、遷移前の画面に明記しておいて欲しい。

 そうでないと何もなしに元の画面に戻った時に元々そういうものなのか、それとも不達なのかわからないから困るのである。

 とりわけメンタル相談などする人はただでさえ不安を抱えているわけだから、もっと丁寧に作り込んでも良いのではないか…などと早くも相談に行く前からわだかまりを抱え、いつもの自分のペースになってしまった。

 とりあえず、列車が目的地に着いたら電話で受理状態を聞いてみよう。